【投与基準】mFOLFOX6療法について

mFOLFOX6療法:

オキサリプラチン(L-OHP)+レボホリナート(l-LV)+フルオロウラシル(5-FU)

やくざいし
(エム)フォルフォックス療法と呼んでます

レジメンスケジュール

薬剤名主な商品名投与量投与方法投与時間投与日
オキサリプラチン
(L-OHP)
エルプラット85mg/m²点滴静注2時間day1
レボホリナート
(l-LV)
アイソボリン200mg/m²点滴静注2時間day1
フルオロウラシル
(5-FU)
5-FU400mg/m²急速静注急速day1
フルオロウラシル
(5-FU)
5-FU2400mg/m²持続静注46時間day1

2週間を1コースとして繰り返し

やくざいし
5-FUが急速静注と持続静注の2つに分かれているのには理由があります

投与可能条件

好中球数(neutro)1500/mm3以上
血小板数(PLT)75000/mm3以上

減量中止基準

前コースの投与後に血液毒性grade4以上もしくは非血液毒性が出現した場合はgrade1以下に回復後、以下の減量・中止基準に従って投与を再開する。

grade4の非血液毒性を認めた場合は中止する。

減量時の目安

次回投与量
L-OHP5-FU
急速静注
5-FU
持続静注
進行・再発術後補助
全量
(初回投与量)
85mg/m²85mg/m²400mg/m²2400mg/m²
1段階減量65mg/m²
(76.47%)
75mg/m²
(88.23%)
300mg/m²
(75%)
2000mg/m²
(83.33%)
2段階減量50mg/m²
(58.82%)
55mg/m²
(64.7%)
200mg/m²
(50%)
1600mg/m²
(66.66%)

l-LVは原則減量しない

<血液毒性>

有害事象検査値次回投与時
L-OHP5-FU急速静注5-FU持続静注
好中球数(neutro)500/m3未満1段階減量
血小板数(PLT)25000/m3未満1段階減量

<非血液毒性>

※末梢神経障害については別項目

有害事象CTCAE (ver.4)次回投与時
L-OHP5-FU急速静注5-FU持続静注
悪心grade 31段階減量
嘔吐grade 31段階減量
下痢grade 31段階減量
疲労grade 31段階減量
発熱性好中球減少症grade 31段階減量
口内炎grade 3減量なし1段階減量
皮疹(手足の皮膚反応)grade 3減量なし1段階減量

<末梢神経障害>

● 治療切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌に対するmFOLFOX6投与時の判断基準

有害事象CTCAE (ver.4)L-OHP 投与量
持続期間
(当該コース中に消失)
当該コース中に
消失せず
7日以内8日以上
末梢神経障害grade 2減量なし減量なし1段階減量
grade 3減量なし1段階減量中止
grade 4中止中止中止
急性の咽頭喉頭感覚異常
(投与中~投与2時間後に発現)
L-OHP の点滴時間を
2時間→6時間へ延長

(治療切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌に対するmFOLFOX6投与時の判断基準)

● 結腸癌における術後補助化学療法mFOLFOX6投与時の判断基準

有害事象L-OHP 投与量
持続期間
(当該コース中に消失)
当該コース中に
消失せず
7日以内8日以上
寒冷刺激に伴う末梢神経症状減量なし減量なし減量なし
末梢神経症状減量なし減量なし回復後
1段階減量
痛みまたは機能障害を伴う
末梢神経症状
減量なし1段階減量中止

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です