<2021年版最強の市販薬>おすすめのかぜ薬はこれです

よく売れている市販のかぜ薬を紹介します。
市販薬はたくさんありますが、特徴がそれぞれあります。参考にしてください。

これは市販のパイロンPL顆粒です。
この薬は病院で医師がよく処方する「 PL配合顆粒 」の市販薬バージョンです。

お医者さんが出してくれる薬だからきっと効く!

と考えると思いますが、症状によります。

このパイロンPL顆粒は書いてある通り
「のどの痛み、熱、鼻みず」には効きますが…「咳やたん」には効果がありません。

それはなぜか。

咳やたんに効果のある成分が配合されていないからです。
いい薬ですが、症状に合わせて薬を選ばないといけないとお金の無駄です。症状もよくなりません。

では自分に合った市販薬を探してみましょう。

パブロンゴールドA〈微粒〉

POINT

◎  Amazon売り上げランキング 1位
1歳から服用することができるため家の常備薬におすすめ
◎ 7種類もの有効成分が入っており、風邪の諸症状に対応可能
◎眠くなる成分が入っているため車の運転前や大事な用事の前は控えたほうがよい

Amazon売り上げランキングかぜ薬部門 1 位の医薬品(2021年4月)。
どうどうの1位ですね。さすがです。

やはり常備薬として子供からお年寄りまでみんで使えるのがいいですね。
ジヒドロコデイン、グアイフェネシン、メチルエフェドリン塩酸塩が配合されているため咳やたんに効果がしっかりとある印象です。解熱鎮痛成分はアセトアミノフェンのため効果はマイルドな印象です。

眠くなる成分(クロルフェニラミン)が入っているため車の運転は控えたほうがいいでしょう。

粉薬のため、飲みにくい方には不向きです。錠剤も売られているためそちらを検討してください。その場合成分は全く同じですが、12歳未満は禁忌となっています。(錠剤がのどに詰まる可能性があるため)

また1歳以上内服可能とはいえ、できれば12 歳未満では病院にかかることを優先したほうがいいと思います。12 歳未満についてはどうしても病院にいけない場合の初期治療としておすすめです。

ルルアタックEX

POINT

◎ 持ち運びやすいPTPシートです。旅行のときに携帯しやすい
◎ トラネキサム酸が最大量750mg配合されています。のどの痛みや腫れ症状にお困りの方に

Amazon売り上げランキングかぜ薬部門 4位の医薬品(2021年4月)。
金額は高いですがよく売れていますね。やはり特徴はのどの腫れや痛みをとってくれるトラネキサム酸が市販薬の最大量配合されていること。持ち運びしやすいことがいいですね。サラリーマンの方にいいですね。

またイブプロフェンという解熱鎮痛、さらに炎症を抑える効果のある薬剤が配合されているためのどの痛みがあり、熱もある人にはこれがおすすめです。

この薬も眠くなる成分が入っているため車の運転は控えたほうがいいでしょう。
また「イブプロフェン」や「ジヒドロコデインリン酸塩」が配合されているので喘息の方には使いづらい薬です。

少し割高な印象ですので、旅行の際やすぐに治したいときにおすすめです。

パイロンPL顆粒

POINT

◎ 病院で処方される「PL配合顆粒」と同じ成分が配合されています

病院でかぜ薬を処方される際はいつも「PL配合顆粒」が処方されますが、これと同じ成分が配合されています。

薬剤師としては病院で出される薬と入っている成分が同じなので安心ですし、病院で働いている医療者は誰でも知っている薬です。

この薬も眠くなる成分が入っているため車の運転は控えたほうがいいでしょう。
またせきやたんの症状に対する成分が入っていないため、そういった症状の方にはあっていません。

また病院でもらうPL配合顆粒と成分は同じですが入っている量は少なめです。PL配合顆粒は1包あたり1gですが、パイロンPL顆粒は1包あたり0.8 gです。ここは少し残念ポイントですね。

パブロンSゴールドW錠

◎ せきやたんの症状がひどい方におすすめです
◎ せきを強力に止めるジヒドロコデインが入っている

◎ 8 歳以上から内服可能です

Amazon売り上げランキングかぜ薬部門 3位の医薬品(2021年4月)。

最初に成分を調べたときびっくりしました。
ほとんどの成分が医療用医薬品の成分(処方が必要)で病院に行ってもらう必要ないじゃんと。

しかも一つにまとまっている。驚きです。

もちろん解熱・鎮痛作用の成分も入っています。解熱作用の成分である「アセトアミノフェン」は胃が弱い方にもおすすめです。

この薬も眠くなる成分が入っているため車の運転は控えたほうがいいでしょう。

パブロンエースPro錠

POINT

◎ イブプロフェンを最大量 600mg つらいのどの痛み・せき・鼻みず・熱に
◎ 胃が弱い方は注意が必要です

この薬もパブロンSゴールドW錠 と同様、ほとんどの成分が医療用医薬品(処方が必要)の成分と変わりません。 ここまで医療用医薬品の成分がまとまっていたら、病院で薬をもらう必要はないような気がしますが。

パブロンSゴールドW錠との違いは解熱鎮痛に効果がある成分が「アセトアミノフェン」から「イブプロフェン」に変更されたことと、呼吸を楽にして咳を鎮める作用がある「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」が追加されたことです。

アセトアミノフェンは基本的に副作用が少ない点がメリットですが、少量だと効果は弱い印象です。その点イブプロフェンは1日量として600mg入っているため解熱・鎮痛作用に期待できます。

のどが痛い!!咳もある!!熱もある!!なんて風邪の症状がすべてそろっている方にお勧めです。
若い人の一人暮らしの常備薬におすすめです。

イブプロフェンがこれだけ入っているため胃が弱い方は注意が必要です。説明書通り食後に内服してください。本当に胃が弱い方はパブロンSゴールドW錠の方がいいと思います。

この薬も眠くなる成分は入っています。

番外編:タイレノールA錠

POINT

◎ 入っている成分は処方薬「カロナール錠」と同じものだけ
◎ 眠くなる成分は入っていない

この薬はアセトアミノフェンしかという成分しか入っていない薬です。そのため解熱鎮痛が主な作用です。そのため鼻水を止めたいやせきを止めたいと思っているには向いていません。

1種類しか成分は入っていませんが色んな薬が複数入っているほかの薬より、安心して服用できる薬ですね。

喘息既往(アスピリン喘息を除く)の方や授乳中の方などに対しては比較的選択される薬です。

また胃を荒らしにくいため空腹時でも内服できる点はいいですね。

※喘息や授乳中の方は一旦薬剤師か医師へ相談してください。

<2021年版最強の市販薬>おすすめの鼻炎薬はこれです

<2021年版最強の市販薬>おすすめのせき止めはこれです